雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。

本の紹介

本の紹介,「竜馬がゆく(司馬遼太郎(著),文春文庫)」

竜馬がゆく 司馬遼太郎(著) 難易度:☆ 本の紹介コーナを思いついてもう数年がたった。 実際に記事を書き始めて半年。 専門系の本ばっかの紹介であった。 ただ,このコーナもともとは誰かの本探しのヒントになれば,と思い立ったもので, 専門書以外もどんど…

本の紹介,「転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由(臼井 二美男(著)、ポプラ社)」

転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由 臼井二美男(著) 難易度:☆ 関連分野:肢体不自由、特別支援教育、障害者スポーツ 義肢装具士という仕事をご存知だろうか。 世の中には何らかの理由で四肢を失った人や機能障害を持った人がいる。 義足等の義肢や機能…

本の紹介,1リットルの涙(木藤亜也(著)、幻冬舎文庫)

1リットルの涙 木藤亜也(著) 難易度:☆ 関連分野:肢体不自由、病弱教育、特別支援教育 特別支援教育系の教員を目指す人、福祉の現場で仕事がしたい人など、 将来障害のある人と関わる仕事を考えている人は様々な理論、制度を学んでいることと思う。 ただ、…

本の紹介,「考える血管―細胞の相互作用から見た新しい血管像(児玉 龍彦 他,著)」

考える血管―細胞の相互作用から見た新しい血管像 児玉 龍彦 他(著) 難易度:☆☆☆ 関連分野:病弱生理、生理学、生物学、教養 血管について、最新の研究成果をわかりやすく解説した一般向け新書(ブルーバックス)。 血管の基本的な事柄からマニアックな研究成…

難易度の意味(本の紹介)

難易度の意味 ☆×1 すごくやさしい。 高校生から読める一般向け書籍。 ☆×2 やさしい。 大学教養レベルの一般向け書籍。 ☆×3 ふつう。 大学教養レベル~専門入門レベルの書籍。 新書・文庫等になれた人やその分野に抵抗のない人にもオススメ。 ☆×4 やや難しい…