週刊雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。月曜日定期更新(臨時休刊もあります)。

多様な学生を教育すること(教育奮闘記 8)

教育って難しい。
本当に難しい。
僕が特に難しいと感じているのは、学生が多様である部分。
今回はここに焦点を絞って書いてみる。

当然だが、大学生は実に多様である。
能力が多様なだけではない。
授業や研究に対するモチベーションが大きく異なる。
言い換えれば、大学や大学教育に求めていることが人によってずいぶん違う。
しかし、授業は全員に対して1回。
この中で、「みんな」にとって教育を行うことを考える。
これが大変難しい。

まず僕の教育のスタンス。
当該授業の知識技能を身につけてもらう、というのが最低ライン。
その上で、その内容におもしろさを感じてもらえたらよし。
知的好奇心を刺激して、自分でさらに学んでくれるようになったらなおよし。
これは研究も同じ。
多様な学生の一部の層に働きかけるのではなく、できればどのタイプにもそれぞれにあった教育的働きかけをしたい。
そんな感じでやっている。

その上で、学生のタイプ別に。
まず。
能力も高く、モチベーションも高いタイプ。
この層は平均的な層に向けた授業に対しては退屈してしまう。
さりとて、この層に合わせて授業を組むと、他の学生がついてこれない。
よって、基本的な解説の後にこの層向けの内容を入れたり、質問コーナなどで対応する。
難しめな参考図書を紹介したり、少し発展的な小話を入れたりするのもこのタイプ向け。
自力も含め知識技能をさらに深めてもらうのが目標になる。

次は、試験対策バッチリ優等生タイプ。
これはひとつ前のと似ているがちょっと違う。
試験の点数は高いのだが、効率よくこなしすぎるため深い学びまで至らない。
この層には、問いかけや暗記では解けない課題等を課して知識技能の深めてもらうのがねらいの一つに。
知的好奇心を刺激したり、おもしろさを感じてもらったりして、授業を離れても学びたくなるように持っていく、というのが2つ目の目標。
結構難しいが、たまにそうなることがあって、これはうれしい。

続いて、平均的な層。
この層を想定受講生として授業を作り上げる。
資料や言葉の選定は、この層の知識レベルに合わせる。
モチベーションの高低や、知識に重きを置くのか試験の点数に重きを置くのかは多様なので、その部分については別の段落に譲る。
この層は、授業によって知識・能力が上げることを主眼に、理解度を確かめながら進める。
授業外の勉強時間が増えるように、おもしろさと試験対策の両面から働きかける。

できない層にはいくつかパタンある。
1つはモチベーションもそこそこあり、ちゃんと授業外の勉強時間をとっているはずなのに成績が振るわないというタイプ。
この層の学生さんは勉強の過程か、試験テクかのどちらかに問題があることが多い。
1対1だと解決することが多いので、授業中にそういう働きかけをしたり、質問に来るように促したり、とちょっと気をつける。
このタイプはコツを掴むと大きく伸びることがある。
試験で単位を落とさないように、気づく範囲でフォローするのもこの層。
思い当たる人は ちゃんと勉強したけど点数が取れなかった人へ あたりも読んでいただいて。

授業はしっかり聞いているけど、授業外の勉強時間をほとんど取らない層。
もはや授業もほとんど聞いていない層。
この2つの層については、単位が出ないような試験を作る。
大学の授業は、授業聞くだけで勉強が完結するようにはできていない。
前者はモチベーションはあるので、授業外勉強の大切さを授業中に時々強調する。
後者は内容の大切さやおもしろさを訴えることで、まずはモチベーションを上げるように働きかける。
単位が簡単に取れない、というのも教育的な取り組みの一つ。
この層の学生さん、一度単位を落とすと、次回はかなりがんばって高得点で単位を取っていく場合がある。
学年が上がって知識や経験が増えたり、将来を見据えてモチベーションが上がることもある。
なお、単位を落とす、というのは教員側にも手間がかかるので、やらない方が楽ではある。
じゃあなんでそんなことをやるのかといえば、意地悪ではなくて、しっかり教育したいから。


と、まあ、大雑把にわけるとこんな感じにわかれる。
もちろん、完全にグループにわかれているわけではなく、連続的に中間型だったり2つ以上のグループにまたがっていたり、実に多様。
あるタイプに時間をかけすぎると、別のタイプに時間が使えず、みたいなことが起こるため、結構大変。
教育って難しいなー、と思うわけです。
どっかを切り捨てるなんてことはせず、日々がんばってございます。

長くなったので、今回はここまで。
ではまた。




丸善カフェかな。

-----
2022/05/16 18:05
最近忙しい。
鳥駅スタバにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/05/16
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.

本の紹介,「ことばの発達の謎を解く(今井むつみ(著),ちくまプリマー新書)」

ことばの発達の謎を解く
今井むつみ(著)
難易度:☆


赤ちゃんはことばをどのように学んでいくのか。
多くの人が特に苦労なく環境から学ぶ形で言語能力を獲得していくので、簡単なことのように思える。
しかし。
大人であればわからない言葉があった時、他の知っている言葉の言い換えで学ぶことができるのに対し、赤ちゃんではそうはいかない。
そういう状態で、一体どうやって言語を学んでいくのであろうか。
よくよく考えてみると、謎と不思議がいっぱい。
本書ではこれらの謎と不思議に迫り、ことばの本質について考える。

胎児の頃からリズムとイントネーションを学び始め、次第に高度に発達する。
言語も知識も未発達という制約の中でどうやってこれらを成し遂げるのだろうか。
ある時はヘレンケラーのような特殊事例、ある時は子どもがよく犯すことばの間違い等、事例を上げながらことばがどのように発達していくのかについて考察する。
ことば、と一言に言っても、名詞・動詞等の性質の違い、「て・に・を・は」の使い分け、等々、かなり細かなルールや機能を学ぶ必要がある。
これらの細かな一つ一つについて、事例や実験結果を上げながら迫っていく。
ああ、我々はこんな複雑なことを自然と身につけたのか、とびっくりさせられる。

特におもしろいな、と思ったのが、その調べ方。
著者の今井さんは心理学者で実験的手法も得意。
これらの成果も紹介してあり、これが大変おもしろかった。
子どもに疑似的な言語を呈示し、その反応を見ることでことばの発達を調べる。
例えば、「チモル」という意味のない動詞的な疑似言語を使って、動詞の理解を調べるというもの。
我々は文の中で、「チモル」のようなものが動詞的に使われていたら、これを動詞として認識するし、意味がわからなくても「チモッテイル」のように動詞的な活用もできる。
では、子どもはどうだろうか、というのを実際にこの言葉を実験的に呈示して調べるわけ。
これがすごくおもしろくてワクワクした。
僕の実験屋さんの血が騒いだ、というだけではないと思う。

後半では、言語と思考の関係についても展開。
いかに言語が思考をしばるか、さまざまな知見をもとに論じていて、これもおもしろい。
数の大きさを示す言葉が「1、2、それ以上」の3つしかない言語系の民族では、4、5が正確に捉えられないという話など、興味深い研究知見をもとに言語と思考の関係について書く。
この部分もまたおもしろかった。

非常に平易で、高校生から読める一般向けの本。
平易だが学術的にもおもしろく、隣接分野の研究者でも楽しめる。
引用や文献一覧がしっかりしているため、さらに学ぶことができるのもよい。
このトピックに興味があるすべての人におすすめできる良書。
言語以外の発達の知識があるとさらに楽しめること間違いなし。
発達心理学の乳児期・幼児期、教育心理学認知心理学の言語関連、この辺りの副読本としてもおすすめ。


では今回はこの辺で。
また。




f:id:htyanaka:20220404154009j:plain 鳥取市内にて。


-----
2022/04/04 15:27
今日は休暇。
日本の某所にて。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/04/04
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.

わかるまでねばる力(なぜ学ぶのか、何を学ぶのか 14 )

大学生を教えていると、とても伸びる学生さんに出会うことがある。
どういう学生さんが伸びるのだろうか、と見ていると、資質として大きいのがねばれるかどうか。
どういうことか。

大学に入って受ける講義、読む本、取り組む研究。
すっと入ってくるものばかりではない。
元々内容が難解である、苦手意識がある、などなど、学ぶのに困難が生じることも多々ある。
これらは才能あふれる人でも起こる。
こういう場合、学生さんは大きく2つのタイプに分かれる。
一つはあきらめがとてもいいタイプ、もう一つが粘り強いタイプ。
これは入学時点での賢さやできるできないとはあまり関係ない。
ただ、大学卒業時点や社会に出てしばらく経つとかなり差がつく。
前者はあまり伸びず、後者はじわじわ伸びていく。

まあこれは考えれば当たり前で、あきらめがいいということはやらないということとイコールなので、伸びるわけがない。
その分、好きなことや得意なことに時間が使える、という利点があるにはある。
ただし、どんなことをやっていても、難しくてねばりが必要なことは出てくる。
こういう壁にぶち当たった時、結局あっさりあきらめることになるので、そこが伸びるのの天井となる。
一見スマートに見え、見方によっては賢く見えるのだが、能力という点ではどうしても浅くなる。

一方、難しいことに直面してもねばることができるタイプは確実に伸びる。
苦手だったり難しいと感じたりしているので、あゆみは人より遅く見えることもある。
ただし、ちゃんと取り組んではいるので、長い目で見るとしっかり伸びる。
当たり前だが、前者と後者の差は時間とともにどんどん大きくなる。

そもそもねばる力とは何か。
それは、やらずにあきらめない力、と考えていただいてもいいか。
学生さんを見ていると、見通し的に大変だ、と考えると、あきらめてやらない、という選択肢をとる人が結構いる。
あと一息のところで、楽をすることを選択して完遂できない、という人も多い。
難しい本は挑戦しない、読み始めても読み切らない、難しい授業は理解することをあきらめる、などなど。
こういう姿勢に抗する力と考えていただいたらいいと思う。

さて。
この力、持ち前の性質、と思われる方もいると思う。
ただ、学生さんを見ていると、この力を在学中に身につける人がいくらかいる。
意識的に難しいことを避けないようにする、楽をしないようにする、といったことをやることで徐々にこの力を身につけているよう。
まあ、この力、能力というよりは物事に取り組む姿勢に近いので、実践しているうちに習慣として身につくということなんだろうと思う。

この力は汎用力が高い。
在学中だけではなく、社会に出てからも役に立つ。
大学のうちに学べることなんてごくわずかで、社会に出ると日々知らなければならないこと学ばなければならないことに直面する。
その度に、わかるまでねばる、が出来たら、大きい。
在学中は、難しい授業や本、研究に出会うことが多々ある。
これを機会として、意識的にねばる力を身につけてはいかがだろうか。
大学にいるうちは、教員という補助者が身近にいるので、卒業後よりもこの力を磨きやすい。
人生においてきっと武器になる力だと思う。

ではでは。
今回はこの辺で。




f:id:htyanaka:20220404235856j:plain 二子玉かな。

-----
2022/04/04 18:50
今日は休暇。
日本の某所にて。



雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/04/04
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.

特別支援教育2022(鳥取大学)

授業内容


第1回  オリエンテーション(4/14)
     特別支援教育の概要(1)
      最初~合理的配慮の要素
第2回  特別支援教育の概要(2)(4/21)
      合理的配慮と差別~特別支援教育の目的
第3回  特別支援教育の概要(3)(4/28)
      自立活動~対象となる障害種
第4回  特別支援教育の概要(4)(5/12)
      免許制度~特別支援学校のセンター的機能
第5回  特別支援教育の概要(5)(5/19,予定)
      個別の指導計画~




関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
授業に関する役立ち情報
特別支援教育全般に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/05/17
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.

障害児等神経生理学研究2022(鳥取大学)

授業内容


第1回  オリエンテーション(4/12)
     脳と神経の基礎(1)
       最初~ニューロンの基本構造
第2回  脳と神経の基礎(2)(4/19)
       神経細胞の情報処理:静止膜電位~神経間の情報伝達:全部
第3回  脳と神経の基礎(3)(5/10)
       神経回路としての情報処理
     脳科学の方法(1)その1
       最初~解剖学的研究:細胞構築学的研究
第4回  脳科学の方法(1)その2(5/17,予定)
       解剖学的研究:神経連絡~
     


    



関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
神経生理学に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/05/12
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.

肢体不自由児等の教育課程と指導法2022(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/13)
    肢体不自由の概要(1)
     最初~肢体不自由とは
第2回 肢体不自由の概要(2)(4/20)
     肢体不自由に関連した解剖と生理~病理
第3回 肢体不自由の概要(3)(4/27)
     肢体不自由の教育
    肢体不自由教育の歴史(1)
     最初~戦前の教育:柏学園
第4回 肢体不自由教育の歴史(2)(5/11)
     戦前の教育:光明学校~戦後初期:1969年までの養護学校数の推移
第5回 肢体不自由教育の歴史(3)(5/18,予定)
     戦後初期:重度重複障害児への教育~




関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
肢体不自由児等の指導・保健・教育に関する役立ち情報
肢体不自由に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/05/15
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.

肢体不自由児等の生理・病理・心理2022(鳥取大学)

授業内容


第1回  オリエンテーション(4/13)
     肢体不自由の概要(1)
      最初~肢体不自由に関連した解剖と生理
第2回  肢体不自由の概要(2)(4/20)
      肢体不自由の病理~重症心身障害
第3回  肢体不自由の概要(3)(4/27)
      肢体不自由の教育~
     身体の構造と機能(概要)(1)
      最初~呼吸器まで
第4回  身体の構造と機能(概要)(2)(5/11)
      消化器~泌尿器
第5回  身体の構造と機能(概要)(3)(5/18,予定)
      発生~

     


関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
肢体不自由児等の生理・病理・心理に関する役立ち情報
肢体不自由に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2022/05/16
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2022 All Rights Reserved.