雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。

本の紹介,「少年事件に取り組む: 家裁調査官の現場から(藤原 正範(著),岩波新書)」

少年事件に取り組む: 家裁調査官の現場から
藤原 正範 (著)
難易度:☆


家庭裁判所調査官という職をご存知だろうか。
家庭に関する事件について、必要な調査を行う職種。
家庭裁判所少年法の審判を行うため、これに先立ち調査官は様々な調査を行う。
心理学や教育学、福祉等の専門性を有し、少年が事件に至った背景を生育歴や人間関係、本人の心理などを中心として丁寧に調査し、その見立てを裁判官に述べる。
この本はそんな家庭裁判所調査官経験者が、少年事件とは何かや少年法の理念や少年事件の実務などについてまとめたもの。
これが予想以上におもしろかった。

まず、家庭裁判所の現場の描写を通じて少年法と少年事件に関する仕組み等を説明する。
その上で、少年法の理念などを解説していく。
凄惨な少年事件の報道などから、ややもすると厳罰化の流れになりそうな少年法の仕組みについて、なぜこのような仕組みがあるのか理解することができる。
豊富な事件事例を通じて、難解な少年法や児童福祉の仕組みを理解することができるのもうれしい。
少年鑑別所、少年院、保護観察など、少年事件で登場する様々な機関や仕組みを具体的にイメージできる形で知ることができる。

心理学や発達をかじっていればわかるのだが、少年法で保護されている年齢の少年たちは発達的に間違いを犯しやすい段階にいる。
少年法はそのような発達段階であることを前提として、少年事件を発達のつまづきとして捉える。
その上で、更生の道を与え、2度と法に触れない人間になってもらうことを目指す。
そういう仕組みであることを、事例の描写を通じて理解することができる。
誰もが間違いを起こす可能性がある、というようなことが書かれており、これが少年法のキモだと再確認できた。

事例として描かれた少年事件のストーリーもおもしろかった。
少年事件の理念そって2度と法に触れるようなことをしなくなる当事者がいる一方、何度も非行に走り最終的に犯罪者になる当事者もいる。
そこには少年事件の仕組みの有効性と限界があり、いろいろと考えさせられた。
世論で問題にされがちな被害者を絡めた事例もあり、少年法という枠組みでの被害者感情をどう扱うか、考えることもできた。

さて、この本。
いろいろと学ぶことが多かったのだが、一番は印象に残ったのは非行少年たちの家庭環境。
事例はデフォルメされているとは思うものの、出てくる非行少年たちの背景には共通して劣悪な家庭環境が描かれていた。
非行少年として家庭裁判所に来たとしても、家庭が非行から立ち直るきっかけになる一方、家庭そのものが破綻しており更生の役に立たない事例も描写されていた。
非行少年の背景として劣悪な家庭環境、というのが大きいのであれば、彼らをただ責めるというのは違う気がした。
少なくとも少年法の枠組みの中では、家裁調査官はそういった背景を丁寧に調査し、再犯可能性等も考慮しながら少年たちに対する見立てを行なっている。
そういう意味でも、少年法の理念や仕組みの大切さを改めて理解した。
こういう部分は報道などの浅い理解からはわからないことだと思う。

教員を目指す学生、教員、子育て中の親など、子どもと関わる全ての人たちにおすすめ。
少年法は加害者に甘いと考えている人たちにもぜひ読んでもらいたい。
これを読むと少しは考えが変わるかもしれない。
普通に読み物としておもしろいので、教養を深めたいあらゆる人におすすめできる一冊。




f:id:htyanaka:20210419074541j:plain 横浜かなー。


-----
2021/04/17 22:29
ああこんな時間だ。
鳥駅スタバにて。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/04/17
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.

障害児等神経生理学研究2021(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/20)
    脳と神経の基礎(1)
      最初~ニューロンの基本構造
第2回 脳と神経の基礎(2)(5/11)
      神経細胞の情報処理:最初~活動電位が生まれるまで
第3回 脳と神経の基礎(3)(5/14)
      神経細胞の情報処理:活動電位の伝導~神経回路
第4回 脳科学の方法(1)その1(5/18)
      最初~解剖学的研究
第5回 脳科学の方法(1)その2(5/25)
      脳機能研究
第6回 脳科学の方法(2)その1(6/8)
      最初~MRIの原理:プロトンの電波の吸収
第7回 脳科学の方法(2)その2(6/15)
      MRIの原理:縦磁化と横磁化~MEG
第8回 脳科学の方法(2)その3(6/22,予定)
      fMRI~ラスト
    視覚系と解剖(1)
      最初~


    



関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
神経生理学に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/06/22
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.

肢体不自由児等の教育課程と指導法2021(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/21)
    肢体不自由の概要(1)
     最初~中枢神経と末梢神経
第2回 肢体不自由の概要(2)(4/28)
     脊髄の概要~肢体不自由の病理ラスト
第3回 肢体不自由の概要(3)(5/12)
     肢体不自由の教育
    肢体不自由教育の歴史(1)
     最初~戦前の教育
第4回 肢体不自由教育の歴史(2)(5/19)
     戦後初期
第5回 肢体不自由教育の歴史(3)(5/26)
     義務制以降~
第6回 特別支援教育の現状と仕組み(1)(6/2)
     現状
第7回 特別支援教育の現状と仕組み(2)(6/9)
     児童生徒の特徴~変遷
第8回 特別支援教育の現状と仕組み(3)(6/16)
     今日的課題
    教育課程と指導上の特徴(1)
     最初~特別支援学校の教育課程の例
第9回 教育課程と指導上の特徴(2)(6/23,予定)
     教育課程の類型





関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
肢体不自由児等の指導・保健・教育に関する役立ち情報
肢体不自由に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/06/23
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.

肢体不自由児等の生理・病理・心理2021(鳥取大学)

授業内容


第1回  オリエンテーション(4/21)
     肢体不自由の概要(1)
      最初~筋系まで
第2回  肢体不自由の概要(2)(4/28)
      骨系~重度・重複障害
第3回  肢体不自由の概要(3)(5/12)
      重症心身障害~ラスト
     身体の構造と機能(概要)(1)
      最初~呼吸器まで
第4回  身体の構造と機能(概要)(2)(5/19)
      消化器~泌尿器
第5回  身体の構造と機能(概要)(3)(5/26)
      発生~DNA
     神経系の構造と機能(1)
      最初~ニューロンとは
第6回  神経系の構造と機能(2)(6/2)
      ニューロンの構造~イオンチャネルとその種類
第7回  神経系の構造と機能(3)(6/9)
      リガンド結合型チャネル~神経系のなりたち:【補足】脳の断面に関する用語
第8回  神経系の構造と機能(4)(6/16)
      神経系のなりたち:本編~脳幹のはたらき
第9回  神経系の構造と機能(5)(6/23,予定)
      神経系のなりたち:前庭動眼反射~

     


関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
肢体不自由児等の生理・病理・心理に関する役立ち情報
肢体不自由に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/06/18
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.

特別支援教育(初等)2021(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/19)
    特別支援教育の概要(1)
     最初~インクルーシブ教育まで
第2回 特別支援教育の概要(2)(4/26)
     合理的配慮~発達障害
第3回 特別支援教育の概要(3)(5/10)
     特別支援教育の目的~免許制度まで
第4回 特別支援教育の概要(4)(5/17)
     学級の定員~仕組み
第5回 特別支援教育の概要(5)(5/24)
     現状
第6回 特別支援教育の概要(6)(5/31)
     歴史:戦前~義務制以前
第7回 特別支援教育の概要(7)(6/7)
     歴史:義務制~現在
第8回 特別支援教育の概要(8)(6/14)
     理念
第9回 子どもの身体の発達(1)(6/21,予定)
     最初~




関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
授業に関する役立ち情報
特別支援教育全般に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/06/17
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.

院に行きたい人が知っておきたいこと(大学院へ行きたい人へ6)

僕は地方国立大の学部経由、大手国立大学・大学院(修士)というコースをたどった。
周りには院への進学を志す人がほとんどおらず、研究大学の学生なら当然知っていることを知らなかった。
そこで、当時の僕を想定しつつ、知っておきたいことをいくつか書く。

事前に指導教員にコンタクトをとる

当たり前のことなのだが、試験前に指導教員にコンタクト取っておくことがマスト。
僕は学部が研究研究したところではなかったので、そんなことは知らなかった。
学部生の時に受けた大学院は3つあったのだが、どの募集要項・案内にもそんなことは書いていなかったため、事前コンタクトを取らずに入試を受けるという暴挙に出た。
合格後進学先を決めるために各教員のところに話を聞きに行った際、どの教員からも驚かれ、あぁ事前訪問が基本なんだ、と知った。
内部進学や研究大学に学部からいる学生にとっては当たり前の話だったらしく、そんなの知らないよー、と思ったもの。

では、いつぐらいにコンタクトを取ればいいか。
3年生の後半か、遅くとも4年生の前期のうちに行っておきたい。
試験前に慌てて行くとあってもらえない可能性もある(試験の不正の可能性とか忙しいとか色々ある)ので、時間に余裕をもってアポを取りたい。

なお、会いに行くのであれば、その先生の著書や研究室の論文を数本は読んでから行くといい。
できれば、それらの論文と自分のやりたいことを結びつけて話をすることができれば吉。
慣れてなくて緊張するかもしれないので、あらかじめ聞きたいことを考えてから行くのも大事。
きっと有意義な時間になると思う。

授業以外は研究室が大学院生活の基本

大学院生も学生なので授業がある。
では授業以外は暇なのか、といえば全くそんなことはない。
基本的には研究室に机が与えられるので、そこで研究したり勉強したりすることになる。
大学生とは根本的に異なり、毎日登校して研究室に詰める、という生活になりがち。
修士の院に進学して1週間くらいで、あぁこれは給料が出ないだけで仕事をしている感覚に近いな、と思った。

研究室の運営スタイルにもよるとは思うが、僕が在籍した大学院2つについてはほとんどの研究室で平日に研究室が基本だったと思う。
これは分野によってちょっと異なるかもしれない。
バイト三昧でほとんど大学に行かない、みたいな生活を考えているのであれば、研究大学の大学院はやめておいた方が無難かもしれない。
この点は、研究室訪問などをして先輩たちに聞いてみるといいと思う。

経済的なこと

結構大事なのがこれ。
まず、大学院は学部に比べ奨学金の額が上がる。
大学院の中でも修士より博士の方が高い。
博士課程の場合、無利子奨学金の額が月2桁万円になる。

大学が経済支援をやっている場合もある。
多いのはアシスタントとして雇用するというもの。
修士だとTA(Teaching Asistant)、博士だとRA(Research Asistant)として雇用して、授業補助や研究補助として雇用することで経済的な支援をする。
他にも、独自の給付をやっていたり、奨学金を出していたりすることもある。
大学だけでなく、研究科単位、専攻単位、研究室単位で雇用による支援をやっていたりするので、経済的に不安がある人はこの辺りを調査して進学先の判断材料にしたらいいか。
なお、博士の場合、学術振興会特別研究員というのになって、最低限暮らせる収入と研究費をもらう方法もある。
これについては、次回詳しく書こうと思う。

経済的なことで大事なもう一つが、指導教員が研究経費を出してくれるかどうか。
大学院生ともなると、出張で学会に行くなんてイベントが増えてくる。
研究室によって、これらの経費を出張費として出してくれることがある。
また、ちょっとした書籍を購入してくれたり、PCを用意してくれることもある。
これは、研究室の教員がどれだけ研究費を持っているかで決まることが多い。
あとは、教員がケチか太っ腹か、も関係する。
経済的な面を重視する人は、この辺りもしっかり調査しておくといいか。
教員にそんなこと聞きにくいという人もいるかもしれない。
その場合は「学費以外に、学会参加とか研究経費とかにどれくらいお金かかるか教えて欲しい。学部生のうちにバイトして貯めておく。」と聞いたらいいか。
出してくれる教員なら、これの答えでそうとわかる。
ストレートにこれだけお金かかるから貯めておけ、と返ってきたら、出してくれないということ。


ではでは今日はこの辺で。
また。




f:id:htyanaka:20210329173041j:plain 鳥取市内にて。


-----
2021/03/27 21:35
休暇中。
北ジャススタバにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/03/27
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.

大学教員(僕のなりたかったもの7)

いろいろと書いてきたが、いよいよコイツ。
これになりたいと思ったのは大学生の中盤ごろ。
もともと修士で他大の院に行くことは大学入学時から決めていた。
その延長線として大学教員という選択肢が出てきた。
理由はいろいろある。

まずは、大学教育に関わりたかった、というのがある。
当時、大学生をやりながら大学教育のまずいところをたくさん見てきた。
大学生の僕は教育学部で教員免許を取得しようとしていた。
なので、大学の教育のまずさが特に気になっていた。
今でこそかなり改善されたが、当時は古い時代の大学の空気がまだ残っていた。
よく練られていない授業なんて当たり前で、全然説明する気のない授業、ひどいのになると教科書棒読み、みたいなのまであった。
質問に行くこともよくあったのだが、全く教える気のない教員もいて、いろいろと思うところがあった。
研究者としては優れているのだろうが、教員としてはひどい、という教員もたくさん見てきた。
不遜にも、教えることについては僕の方が上手くやれる、と思ってしまったワケ。
なんでこんなことになっているのか、という観点で本もだいぶ読んだ。
その結果、これを変えるには、大学教員になるしかない、と思った次第。

もう一つは、身近の大学教員を見て、いいな、この仕事と思ったこと。
まず、とてものんびりしている。
遊びに行くとコーヒをいれていろいろ話をしてくれる。
飲み会やらご飯やらに連れて行ってもらったこともたくさんある。
仕事があまり忙しくなく、せかせかしていない感じがとてもよかった。
こんないい職業はない、と思った。
ただ、この点については、卒業後10年で大学業界の状況が一変してしまい、コレジャナイ感が半端ないことになるのだが、それについては書かない。

本を読んだり研究したり、が仕事になるというのもよかった。
先生方、専門の話をしているときはとても楽しそう。
好きな本をたくさん読めて、好きな研究を目一杯するのが仕事。
これは魅力的だった。
これも状況はずいぶん悪くなるのだが、根本的にはこの仕事のいいところだと思っている。

さて。
大学教員。
実は、これになりたかったのは修士の大学院生のかなり早い段階まで。
他大の院に行って、すごい先生方をたくさん見た。
すごい先生方は奇人変人の類が多く、これはオレには無理だな、と思うに至った。
博士余りの兆しも見え始めていた時代で、これは構造的にダメな業界だな、と思ったりもした。
修士1年の夏くらいには、すでに博士課程に進む気も大学の教員になりたいという気持ちもすっかり消えてしまっていた。
そんなわけで、修士も1年生の後半には並の就活生になっていた。

え、じゃあなんで大学教員をやっているかって?
これにはドラマよりも複雑怪奇なストーリーがある。
あるのだが、飲み会用のネタのためここには書かない。
正確には、書けない。

では、今回はこの辺で。
このシリーズ、あと1つある。
これからなりたいもの、についてはもっとある。




f:id:htyanaka:20210223105119j:plain 浜坂駅かな。


-----
2021/02/20 19:40
2月は大忙し。
鳥駅スタバにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2021/02/20
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2021 All Rights Reserved.