雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。

本の紹介,「転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由(臼井 二美男(著)、ポプラ社)」

転んでも、大丈夫: ぼくが義足を作る理由
臼井二美男(著)
難易度:☆
関連分野:肢体不自由、特別支援教育障害者スポーツ


義肢装具士という仕事をご存知だろうか。
世の中には何らかの理由で四肢を失った人や機能障害を持った人がいる。
義足等の義肢や機能障害をサポートする装具の制作に関わるのが義肢装具士である。
この本はそんな義肢装具士が書いた、義足作りに関する本。
自身の義足作りのエピソードを仕事人生を振り返りながら描く。

著者は義足作りのエキスパート。
義足作りがどのようなものであるか知ることができるとともに、
彼の目を通して、足を切断した人にとっての義足の意味を知ることもできる。
日本で初めてスポーツ用の義足を作った人でもあるらしく、
現在でもアスリートの義足を手がけている。
このため競技用義足とはどのようなものなのか、
義足を使った競技のあれこれについても触れることができる。
彼が関わった競技者等の書いたコラムもありそれもおもしろい。
著者が義足作りと出会ったのは20代後半だそう。
結婚を機に訪れた職業安定所の技能訓練で知ったという。
そこから義足作りに邁進していくストーリーもおもしろかった。
将来何しよう、と漠然とした不安を抱えている人の糧になるかもしれない。

この本は2017年度の読書感想文コンクールの小学校高学年向け課題図書にもなっており、
大学生以上であればさっと読むことができる。
子どもでも読むことができるが、純粋に子ども向けというわけではない。
大人であっても多くのことを得ることができる。
ぜひ多くの人に読んでほしい一冊。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/06/05
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2017 All Rights Reserved.

本の紹介,1リットルの涙(木藤亜也(著)、幻冬舎文庫)

1リットルの涙
木藤亜也(著)
難易度:☆
関連分野:肢体不自由、病弱教育、特別支援教育


特別支援教育系の教員を目指す人、福祉の現場で仕事がしたい人など、
将来障害のある人と関わる仕事を考えている人は様々な理論、制度を学んでいることと思う。
ただ、やはり教科書的な内容ではなかなか障害の具体的なイメージができないと聞くことがある。
そこで、理論や制度などの基礎を学ぶとともに、当事者やその近くの人によって書かれた手記や日記、エッセイなどをたくさん読むようにしたい。
それによって障害のある人の具体的なイメージをつかめ、 当事者により近い視点を得ることができる。

で、紹介できる何かいい本ないかな、と思って最初に思いついたのがこの本。
僕が学生時代に読んだ印象深い本である。
脊髄小脳変性症という難病がある。
これは運動に関係した脊髄や小脳のニューロンが変化し、消失していくという疾患。
若年期に発症することが多く、ゆっくりと進行し、徐々に運動が困難になっていく。
本書はこの疾患を持った女性の日記である。
症状が軽かった中学時代から高校入学、養護学校への転校、卒業後までの日常が書かれる。

症状が進むにつれて現れる様々な症状や、その時の困難、心理状態などについて、彼女の視点から知ることができる。
将来への不安、一般の高校から養護学校へ転向する時の葛藤など、当事者の視点ならではのリアリティある心情に触れることができる。
このようなことは,教科書的な本からはなかなか得ることができない。
特別支援教育に関わる人はもちろん、教育や福祉・医療に関わるあらゆる人に読んでもらいたい一冊。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/05/16
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2017 All Rights Reserved.

 

肢体不自由児等の保健と指導2017(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/12)
第2回 肢体不自由の概要(1)(4/26)
第3回 肢体不自由の概要(2)(5/10)
第4回 肢体不自由教育の歴史(1)(5/17)
第5回 肢体不自由教育の歴史(2)(5/24)
第6回 肢体不自由教育の現状と仕組み(1)(5/31)
第7回 肢体不自由教育の現状と仕組み(2)(6/7)
第8回 肢体不自由教育の現状と仕組み(3)(6/14),指導計画の基本(1)
第9回 指導計画の基本(2)(6/21)
第10回 指導計画の基本(3)
     教育課程と指導上の特徴(7/5)
第11回 自立活動の指導(1)(7/12,予定)
特別授業 「夜明け前の子どもたち」上映会(7/13,予定)


関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
肢体不自由児等の指導・保健・教育に関する役立ち情報
肢体不自由に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/07/11
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2017 All Rights Reserved.

肢体不自由児等の生理・病理2017(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/12)
第2回 肢体不自由の概要(1)(4/26)
第3回 肢体不自由の概要(2)(5/10)
第4回 身体の構造と機能(概要)(1)(5/17)
第5回 身体の構造と機能(概要)(2)(5/24)
第6回 神経系の構造と機能(1)(5/31)
第7回 神経系の構造と機能(2)(6/7)
第8回 神経系の構造と機能(3)(6/14)
第9回 神経系の構造と機能(4),感覚系の構造と機能(1)(6/21)
第10回 感覚系の構造と機能(2)
     大脳の機能(1)(7/5)
第11回 大脳の機能(2)(7/12, 予定)
特別授業 「夜明け前の子どもたち」上映会(7/13,予定)


関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
肢体不自由児等の生理・病理に関する役立ち情報
肢体不自由に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/07/12
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2017 All Rights Reserved.

障害児等神経生理学研究2017(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(4/11)
第2回 脳と神経の基礎 3.神経間の情報伝達 受容体まで(4/25)
第3回 脳と神経の基礎 のこり
    脳科学の方法(1)解剖学的研究まで(5/9)
第4回 脳科学の方法(1)脳機能研究
    脳科学の方法(2)CTまで(5/16)
第5回 脳科学の方法(2)のこり(5/23)
第6回 視覚系と解剖(1)(5/30)
第7回 視覚系と解剖(1)
    視覚系と解剖(2)(6/6)
第8回 視覚系と解剖(2)
    聴覚系と解剖(6/20)
第9回 聴覚系と解剖
    平衡感覚・味覚・嗅覚系と解剖(7/4)
第10回 体性感覚系と解剖(7/11,予定)


関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
神経生理学に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/07/05
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2017 All Rights Reserved.

本の紹介,「考える血管―細胞の相互作用から見た新しい血管像(児玉 龍彦 他,著)」

考える血管―細胞の相互作用から見た新しい血管像
児玉 龍彦 他(著)
難易度:☆☆☆
関連分野:病弱生理、生理学、生物学、教養


血管について、最新の研究成果をわかりやすく解説した一般向け新書(ブルーバックス)。
血管の基本的な事柄からマニアックな研究成果までおさえることができる。

筆者は血管に関する研究者で、動脈硬化に関係したタンパク質の遺伝子を発見した人。
そんな一線の研究者である著者が、
血管を中心に、その基本構造から病気のメカニズムまでを平易に描く。
血管の様々なトピックについて、基本構造から細胞レベル、遺伝子レベル、分子レベルまで深く掘り下げて解説していく。
ガンに伴う血管の異常、動脈硬化が起こる時血管では何が起こっているか。
基本をおさえた上で、このような様々な問いに答えていく。

この本はただの解説書ではなく、研究者の視点と研究マインドに触れられるのもオススメなポイント。
本文では得られた事実に対する「なぜ」に迫っていく形で、研究の展開と研究成果を紹介。
筆者やその周りの研究者が取り組んだ一線の研究を追体験することができる。
重要な研究手法はその都度わかりやすく解説してあり、
研究成果を紹介した本にありがちな筆足らずなわかりにくさが少ないのもよい。

生理学を学んでいる人の循環器系の副読本として最適。
医学・医療・生物分野の学生さんだけでなく、教員養成等でヒトの体のことを勉強している人や教養で生物系のことに興味ある人にもオススメ。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/05/05
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2017 All Rights Reserved.

難易度の意味(本の紹介)

難易度の意味


☆×1
すごくやさしい。
高校生から読める一般向け書籍。

☆×2
やさしい。
大学教養レベルの一般向け書籍。

☆×3
ふつう。
大学教養レベル~専門入門レベルの書籍。
新書・文庫等になれた人やその分野に抵抗のない人にもオススメ。

☆×4
やや難しい。
専門入門レベル~中級レベル。
当該分野の勉強をしている学生さん向け。
読書が習慣になっている一般の方も読めるか。
読むにあたって、当該分野もしくは周辺領域の知識があると読みやすい。

☆×5
難しい。
専門中級レベル以上。
読むにあたり当該分野について入門レベルの知識が必要。
マニアックにおもしろい知見を得ることができる。
一般の人でも読書家を自認している人は読めるかもしれない。


上記はあくまで目安です。
各書評の内容を踏まえつつ、参考として使ってください。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2017/05/05
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016 All Rights Reserved.