雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。

教養〜自分の幅を広げよう(なぜ学ぶのか、何を学ぶのか 2 )

大学で学んでほしいことを書くこのシリーズ。
最初に何を持ってこよう、と悩んだのだが、やはりこれかな。

僕は高校生や新入生と話す時、時々こういう質問をする。
君は大学で何を学びたいと考えてるのか。
そして質問の答えはたいていこう。
専門的な知識を身に付けたい。
××になりたいのでそのための勉強をしたい。
そして、本当にそういう大学生活を送る学生さんがたくさんいる。

これ。
一見当たり前の答えのような気がするが、僕はちょっともったいないと思っている。
大学とはどういうところなのか。
専門学校とは何が違うのか。
立ち止まってよく考えてみたい。

僕が考える大学と専門学校との大きな違いは2つ。
ひとつ目は新しい知識を作っている場所であること。
研究活動がこれに当たる。
で、もうひとつが、教養を深めることができる点。
大学には多種多様な専門家がいるので、色々な分野について見聞を広げることができる。
高校までに学ぶことができないおもしろい分野がたくさんあって、コイツに触れることができるのが大学の醍醐味。
もちろん高校までに習った分野について、自分の専門とは関係なく深めていくなんてこともできる。
せっかく大学に入ったのならば、この2つにしっかりと触れないのはとてももったいないと思うのだ。

で、今回は研究じゃなくて教養の話。
こういう話をするとよく言われるのが、専門分野とか目指す職業に関係ある分野にしか興味ない、というもの。
これは本当にもったいない。
なんで、知りもしない未知の分野のことを興味ないと言い切れるのか。
知ってみたら意外とおもしろくて、将来の自分を大きく変えるかもしれない。
文系だから苦手、理系だから苦手、という先入観を持った分野も、やってみると実はできるかもしれない。
大学受験のための勉強と知的好奇心を満たすための自由な学問は違うので、わりと楽しめてしまうかもしれない。
最初から視野を狭めず、いろいろとやってみたらいいと思っている。

それからもうひとつよく聞く言い分が、将来役に立たない、というもの。
これもおかしい。
だいたい何が将来役に立つかなんて、誰にもわからない。
確かに数学の教員になるのに、栄養学や法律の知識はいらないかもしれない。
でもね。
数学の教員やってみたら、ちょっと違ったってなるかもしれない。
仕事は好きなんだけど重労働すぎてやめたくなるかもしれない。
そんなときに思いがけず役に立つのが、専門とは全く関係ない知識だったりするのだ。
つまり、教養ね。
もし、ある専門分野のことしか知識がなかったら、その分野で行き詰った時はもう悲惨なのは想像に難くない。
こういう時に真価を発揮して、選択肢を増やしてくれるのが、昔はなんの役に立つかわからなかったいろいろな知識だったりするのだ。

例えば僕の場合だと、大学時代にきっと将来役に立つことはないんだろうなー、と思っていたプログラミングは働きはじめてから仕事の効率化にかなり役に立っている。
数学は思いがけず研究の分析を理解するのに使うことになった。
学部時代、全くの興味で手に取った脳科学の本は、僕の今の進路を決定づけた。
司馬遼太郎から学んだ幕末史は、旅をおもしろくしてくれるし、近代史をきちんと学ぼうという動機づけをくれた。
もちろん、将来これは役に立つかも、と学んだもので役に立ったものも多いが、
将来役に立つという視点が全くなかった少なくないものたちが、ひょんなことから役に立ったり楽しさを生んでくれたりしている。

こんな感じで、教養というやつは人生において選択肢を増やしてくれるのは間違いない。
それは人生において重要なものかもしれないし、ただただ楽しい、というようなものかもしれない。
苦難の時に助けになってくれるかもしれないし、意識はしてないが考え方の土台になっているかもしれない。
ただ、どんなものであってもその分だけ人生は豊かになると思うんだ。
まあ、将来の自分に向けて、多種多様なタネを蒔いておくようなもんか。
何が生きるかは、将来のお楽しみ。
生きなくても育ったそいつ自身が素敵かもしれぬ。

じゃあどうやって教養を養うのか。
これは一概には難しい。
そもそも教養って何か、が、難しい。
でもあえてあげるなら、基本はやはり本か。
授業を聞いて少しおもしろいと思ったらその分野の本を1冊読んでみる。
最初は新書あたりがオススメ。
それでそいつがおもしろかったら、その分野の少し難し目の本に挑戦してみよう。
せっかく大学にいるのだから、教員あたりにおもしろい本を紹介してもらうというのもよい。
大学教員は本を読む人が多いので、専門以外でもおもしろい本を教えてくれるかもしれない。
友だちから紹介してもらうというのもよい。

本を読むようになると興味に偏りが出てくる。
なので、数冊に1冊は自分が読んだことない分野の本を選ぶようにすると幅が広がる。
僕がよくやるのは、本屋の新書・文庫本コーナーに行って、はじめての分野やはじめての作家を買ってくるというもの。
何冊かまとめて買っておいて、専門や興味ある分野の本が続いたら、そういう本を挟むようにしている。
ハズレなこともあるが、アタリをひくとすごく嬉しい。

教養を養うのは本のみではなくて、映画や講演、人に話を聞くなど様々な方法がある。
映画などで情報を仕入れて、それにまつわる本を読む、なんてのもよいかもしれない。
その逆もまたしかり。
学生時代より教養を磨く時間が取れるのは、おそらく定年になるまで来ないので、やはり大学生のうちにしっかり磨いておきたいもの。




川崎市内のどっかで撮ったやつ。


-----
2018/07/14 18:17
今日は暑かばい。
鳥駅ドトールにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/07/14
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

質問などで研究室に来る学生さんへ

研究室に行ったけどいなかった。
一体いついるのか。
こういう質問をよくされるので、会う方法・会えるコツを書いてみました。
会いたい学生諸君は参考にしてください。
しかし、そんなにいないかなー、。
他の教員に比べるといる方だと思うだけどなぁ。

(1)まずは予定を確認
以下のページで時間割などの予定を公開しているので確認してみてください。
仕事の予定のページ(ホームページのトップからも行けます)。
時間割表に授業や会議、と書いてあれば、どうしようもありません。
あきらめましょう。
授業予定の下にある、「出張、不在時の最新情報」を見ると、最新の出張や休暇の情報が出ており、いつ帰ってくるがわかります。

(2)予定はないのにいない場合
電気が全部消えており、明らかにいなそうな場合は、出勤前か帰宅後か長い間会議等で抜けているか、になります。
半分電気ついているが鍵がかかっている場合は、ちょっとした用事で抜けています。
通常1-2時間以内に戻ります。
全部電気がついている場合はその辺にいます。
すぐ戻る心づもりで何かしてます。

(3)ツイッターで呼びかけてみる
せっかく来たので会えるなら会いたい、という場合は手っ取り早くツイッターで呼びかけてみましょう。
この際、名前と要件は忘れずに。
「誰の誰べえで、ペケペケ論の授業の質問に来たのだけど、いつ来るのか。」みたいな感じで。
すぐ戻れる場合は戻りますし、いつくらいなら大丈夫かという返事をする場合もあります。
返事がない場合は取り込んでるか、携帯ほったらかしかのいずれかです。

(4)アポを取る
僕の場合は学生さんであればアポなし訪問で構いません。
別に質問でなくてふらっと遊びに来る類のものでも歓迎します。
が、確実に会いたいのであればアポを取っておくのがおススメです。
特に、試験前は混みます。
予定がなければ研究室にいないこともあります。
アポがあるとそれに合わせて動くので、確実に会えます。
また、アポがある場合はそっちが優先されます。

以上、参考にしてください。



雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/07/17
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

なぜ学ぶのか、何を学ぶのか No.1 はじめに

君たちはなんで大学に入ったのか。
大学で何を学ぼうと思っているのか。
まあそんな大それたことでなくとも、
これはやっといたほうがいいよー、とか、
コイツをやっておくといろいろ役に立つよ、とか、
教員やっているとそういうのはわりとたくさんある。

しかし。
大学で教えるようになっていくらかたつが、
どうもそういうことを学生に話す機会はほとんどない。
3,4年生になって研究室配属が決まるとようやくそんな機会もやって来るのだが、
その時にはもう残された時間はそう多くはない。
就活に卒論で、なかなか時間を取れない時期でもある。

そこで、ここで書いてみたらいいんじゃないかと思った。
あまり肩肘張らず、ゆるーく書き散らかしていこうと思っている。
あくまで私見だけど、まあ何かのきっかけになってくれたら幸い。




文字だけってのも味気ないので、写真も載せてみよう。
これは羽田で撮ったお気に入り。
飛行機、カッコいい。


-----
2018/06/30 19:47
のんびりと。
鳥取のスタバにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/06/30
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

iPhoneのガラスと猛禽類のハナシ

iPhoneを使うようになってから5年以上たつ。
僕はわりとうっかりさんなのだが、iPhoneを落っことすということはあまりなく、運も手伝ってか画面を割ったことはなかった。
ところが。
ついに、ついにやってしまってのである。
車のドアポケットに入れといたiPhoneがドアを開けたはずみで地面に落ち、画面がバリバリ。
いじると指にガラスが刺さるほどなので即修理となった。
チーン、2万円也。

そんなことがあったので、画面割れには大変気を使うようになった。
もう高いガラス交換はごめんだ。
単位落としてもiPhone落とすな。
その精神で日々生きていたわけです。

時は変わって。
あれは学会出張中の昼休み。
混んだ食堂でご飯を食べるのがいやで、
朝、コロッケパンを購入。
公園のベンチに座ってのんびりとパンを頬張っていた。
そうだ、午後のプログラムはなんだったかな?
そんなことを考えながらiPhoneを右手でつついてた。
その時だった。

背後頭上から何者かが、急降下。
大きなボディ、素早い飛翔、コロッケパンを狙った鋭い足の爪。
鷹かトンビか。
猛禽類である。
まるでスローモーションを見ているようだった。
奪われるものかと鋭い爪からコロッケパンを巧みにかわし、落とすものかとパンをしっかり握った。
ヤツの爪は僕の左手に若干の傷を残し、再び上空へと帰って行った。
僕の食い意地が勝ったのだ。

さあ。
聡明なみなさんはもうお気付きのことと思う。
僕のコロッケパンは守られた。
しかし。
僕の右手からはiPhoneがね。
ガラス交換後ひと月以内の出来事だった。




割れた箇所をそのままにだましだまし使っていたiPhoneは、先日再び落下&激しいガラス割れ。
こうなるまでに数回、落としてはヒビを入れてるので、なるべくしてなった感じ。



そして新同品交換になった。
初回ガラス交換から4ヶ月もたたず。
チーン、3万6千円也。


-----
2018/07/08 21:05
休日モード全開。
汽車の中にて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/07/08
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

梅雨の都内旅日記2018

ここんところちょっと忙しかった。
なかなか息つく時間がない。
ところが。
今週末の仕事の予定がいろいろあってキャンセルになり、思いがけず時間ができた。
これはどうすんべぇか、と、思ったのが2週間くらい前の話。
昨年度は出張地獄でわりと都内出ていたが、
よく考えると今年度は都内出張がまだない。
大変めずらしい。
よぉし、じゃあここはひとつ都内に出て、のんびり過ごそう、ということになった。

せっかくなのでたまには旅気分を出そうと、陸路で計画。
A案:全部普通列車
B案:山陰線を京都まで特急、のち新幹線
C案:岡山まで特急、のち夜行列車
A案は疲れるので却下、いつかそのうち。
B案は朝イチで一本しかなく、早起きがイヤ、却下。
C案は、、、いいね、たまらぬ。
ということで、C案に決定。
早速切符を取りワクワクしていた。

そして昨日。
出発の日。
さあ、読めてきたね。
仕事をしつつ、昼休みに天候が気になり始める。
昼休みの終わりくらいに、岡山まで出る特急が運休。
夜行列車は動いているし、米子経由なら岡山行けそうなので、駅員さんに交渉して早出発で対応しようとなった。
が、夕刻頼みの夜行列車の運休が決定。
こりゃあ参ったぞ、新幹線に切り替えよう、と思うも、すでに山陽に出る特急が全運休。
うーん、、、じゃあ次の日の特急・新幹線コースだな、と思うも、次の日も特急全滅。
もちろん却下されたA案B案も運休でダメ。
あぁ。
orz

そんなわけで、結局空路で到着。
まあ来れただけよかったとすることにした。
これからなんのラーメンを食べようかと考えながら今これを書いている。



久々に大学時代の友人と会って少し変わったタリーズのコーヒーを飲む。
ちょっとよい豆なのかな。


-----
2018/07/06 19:39
本読んだり、ボーッとしたり。
横浜のタリーズにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/07/06
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

本の紹介,「科学者と戦争(池内 了,岩波新書)」

科学者と戦争
池内 了(著)
難易度:☆☆


科学技術と戦争は切っても切り離せない関係だということに異論のある人はほとんどいないと思う。
ノーベルが発明したダイナマイトはその後戦争に使われたし、
インターネットは軍事目的で開発されたものが民間に転用されたものである。
では、科学は戦争を進めるのだろうか。
戦争は科学の推進に必要なものなのだろうか。
科学者は戦争にどんな責任を負うのだろうか。
戦争のための科学と人類のための科学の境目はどこにあるのだろうか。
そんな戦争と科学について、国内外の歴史や最近の流れ等をまとめて論じた新書がコレ。
科学者が戦争とどのような関わりを持ってきたか、
その歴史から最近の流れまでを整理して解説する。

歴史の部分では海外の事例とともに、日本の戦中戦後の話が書かれていて興味深かった。
戦中は日本の少なくない科学者たちが、軍事研究に協力した。
しかし、敗戦。
協力した研究者たちも含め反省し、再び軍事研究に加担しないという決意のもといろいろな仕組みを作っていった。
このあたりのことを整理して理解することができる。
その文脈の中で現在の軍事研究反対の主張を考えると、
文脈から切り離して考えた時とはまた違った受け取り方ができると思う。

また、軍からお金がでる基礎研究とはどのようなものなのかについて、
最近の日本の防衛予算のものも含めて知ることができるのもおもしろい。
軍事系の予算は他の科学予算とは性質が異なる。
この視点は研究者の側もわりと欠落していて、
確かになあと思うポイントがいくつかあった。
特に、軍事という性質上、研究の自由や発表の自由に制約が起こりやすいというのは忘れがちな視点だと思った。
最初は自由度が高いが徐々にそれがなくなっていく性質があったり、
研究者が食いつきやすいように各所に工夫が施されているという話があったりして、おもしろかった。

最近日本でも防衛省系の公募型研究費の募集が行われている。
これを巡って、大学界隈では応募の是非を巡って議論がなされおり、
研究費を受け入れたい研究者や肯定的な意見を持つ研究者も見られるようになった。
肯定的な意見も一見正しいところもあるように思えるのだが、
やや一面的なところがある。
この本を読むともう少し多面的に問題を捉えられるようになると思う。
問題が問題なだけに、肯定するにしろ否定するにしろ、多面的に捉えた上で意見を持ちたいもの。
多くの研究者に読んでほしい一冊である。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/07/01
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

バンクーバー旅日記2017 その3 時差ボケ街道

さて、長らく続いたこのシリーズも最終回。
日曜日に到着し、6日間を過ごして金曜の本日さよならバンクーバー
お昼過ぎまで街を少し歩いて、
お気に入りの中華料理屋でお気に入りの焼き手打ちうどんみたいな焼きそばを食す。
コレが日本にはない味でなかなかうまかったんだ。

午後もちょっと過ぎたくらいに、空港行きの電車に乗り込み、少し早めの移動。
余裕を持って出国手続きをし、免税エリアでのんびり。
ショップを見たり、スタバへ行ったりしたのち、
時間になったので飛行機に乗り込み、
今機内でこれを書いている。

ところで。
長い移動の場合、時差ボケが問題になる。
一般的な傾向なのかオレだけなのかは知らぬが、
北米だと時差ボケは帰りの方がキツイ。
行きの場合は夜にでて午後中頃くらいに着く。
この場合は出発当日昼過ぎまで寝て、機内で数時間仮眠、
着いてから疲れに任せて早めに寝てしまえば、だいたいなんとかなる。
(個人の意見であり、、、、、)

問題は帰りである。
出張先では用務もあり、睡眠時間コントロールが難しい。
出発当日はチェックアウト時間があり朝寝坊は不可能。
だいたい疲れ切っているので搭乗後機内でガッツリ寝ることになる。
ところが到着は夕方から夜らへん。
今度は寝れないということになり、
時差ボケの出来上がりとなる。

本日もそのコースを覚悟。
離陸後、機内食をいただき、早速眠くなってくる。
座席のエンターテイメントサービスをいじってみたところ、
NHKの衛星放送があったのでポヤポヤしながら眺める。
そろそろ落ちるかな、、、と思ったくらいにはじまった、
大河ドラマの直虎が意外におもしろくちょっと持ち直す。

が、やはり限界で、後半からだんだん眠気が増してくる。
直虎が終わるともはやこれまで感が強く、
ミニニュースが終わったらもう寝よう、という気分になった。
しかし。
しかしである。
ニュースが終わった瞬間、聞き覚えのある音楽が。
NHKのスポーツ番組の前に流れるアイツ。
映像は見覚えのある甲子園球場のツタ。
ん?この時間、そして甲子園って、もしかして!!

ビンゴでございます。
我がヤクルトスワローズの中継じゃあないですか。
ご存知の方もおられるかとは存じますが、
オレは超がつくほどのヤクルトファン。
我が家にはテレビがなく、あったとしても我がスワローズは大変マイナーな球団のため、
テレビ中継を見る機会などほとんどない。
そんなテレビ中継がまさかの機内で。
テンションだだ上がりでございます。
神様ありがとう。

そんなわけで、今回のフライトはたぶん寝ない。
うまくいけば時差ボケにもならんのじゃあないか、
と思っている。

ただ、いい試合かというと、それは別問題。
今シーズンのヤクルトはだいぶ弱い。



ほぼ毎日食べ続けた焼きそばっぽくない焼きそば。



ラーメンはハズレ。
やはり日本のラーメンは難しいか。



空港に向かう電車より。
バイバイ、バンクーバー
また来るぜ。



2017/07/01 15:59
仮眠仕様の暗い機内で一人盛り上がりながら。
バンクーバーからの帰りの飛行機にて。