雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。

オンライン授業備忘録〜システム編

さて、前回は前期の授業スタイルについて書いた。
今回は授業のシステムについて。

僕の授業システム(前期前半)

ウェブカメラ

エレコムサンワサプライか、かなりオーソドックスなWebカメラを使用。
通常はオフで、必要に応じてzoomのカメラを切り替えて使った。

会議&収録システム

zoomを使用。
いろいろなツールを比較してみたのだが、画面共有システムの精度が1番よかったため。
ただ、zoom自体の画面共有の精度もガマンならず、結局スライドは別の方法を用いて画面に表示した。
この辺は次の「スライドシステム」で詳述する。

収録もzoomの録画機能を使った。
デフォルトの設定でもそこまでファイルサイズが大きくならないのがいい。
スライド+音声メイン90分で100MB程度。

スライドシステム

当初は画面共有を考えたが、これはやめた。
画面共有システムは送信側および受信側の通信環境により画面が粗くなったりコマ落ちが起きたりする。
時間も受信側でその環境により遅れが生じる。
一方で、マイクからの音声は遅延しない。
これにより、レーザーポインタの示している場所がわからなくなったり、音声と合わないことが生じる可能性があった。
画面共有を避けたのはこれが理由。

代わりに、キャプチャーボードという機械を利用した。
これは、HDMI端子の映像をWebカメラとしての出力に変換して使うというもの。
本来プロジェクターやディスプレイに出力する映像をWebカメラへ出力するという要領。
僕が使ったのは、この製品
Webカメラの映像は画面共有のような遅延は発生しない。

スライドの出力にはiPadを使用。
レーザーポインタツールがついているので、これを使って説明箇所を示す。
Apple Pencilを利用して適宜スライドに書き込みを行なっていくのもやりやすかった。

レーザーポインタツールはPCのオフィスにも入っているので、このシステムの場合iPadの代わりにPCで行うこともできる。
学会発表のようなイメージ。
ただ、この場合PCは2台必要になる。

マイクとヘッドホン

USB接続のコンデンサーマイクを使用した。
使ったのは audio-technica USB マイクロホン AT2020USB+
少し高いが、これは効果が高い。
学生に聞いてもらったが、コンデンサーマイク越しの音声は段違いでよかったとのこと。
SNS上に転がっているオンライン講義の不満の一つに音声不明瞭というのがあったので、ここはお金をかけていいと思っている。

なお、オンライン授業ではヘッドホンは必須。
音声をスピーカーで出すと、それをマイクが拾って音がループするというようなことが起こる。
学生の側の音響が悪く聞き取りづらいこともあるため、ヘッドホンを使って音を拾えるようにしておくと便利。

システム全体

で、全景としてはこんな感じ。
f:id:htyanaka:20200830191339j:plain

僕の授業システム(前期後半)

実際始まってみると、問題が結構出てきた。
特に困ったのが、映像教材の配信。
僕の授業ではDVDやYouTubeなどの映像教材を多用する。
これに解説をつけながら授業を展開する回があるのだが、上記システムでは不具合があった。

DVDやYouTubeを画面共有で流しながら解説を試みたのだが、ここで画面共有の遅延が問題になった。
流している動画と音声が合わないのだ。
画面共有による動画の遅延は聞き手の通信環境に依存するらしく、これがかなりばらつく。
当初は自分のスマホで共有動画を見ながら解説を入れてみたのだが、聞き手間で遅延がばらつくとなるとこれはできない。
よってこれに対応するため、以下のシステムが導入された。

映像ミキサー

先述のキャプチャーボードをパワーアップしたような機器。
複数の映像を入力でき、それらを瞬時に切り替えることができる。
僕が使っているのはBlackmagic Design ATEM Mini Proという機器。
使いやすくて便利。

これで、プレゼン用のiPadに加え、映像再生用のPCを接続。
映像教材をこちら経由で流すことで、先述の遅延問題は解決した。
ただ、再生中は音声を重ねることができないため、解説のたびに一時停止してマイクを切り替えて解説する必要があった。
まあ最低限はクリアと言ったところ。
これは後期のシステムで改良する予定。

映像ミキサーのモニタ用にモバイルディスプレイを導入し、映像を確認しながら切り替えができるようになったのもよかった。

iPhonewebカメラ

映像ミキサーを使って困ったのが、Webカメラ
せっかくミキサーがあるので、Webカメラもこいつを経由させてミキサーで切り替えたい。
しかしミキサーはHDMI入力のみのため、通常のUSB出力のwebカメラは使えない。

そこで、iPhoneの内カメラを使ってHDMI出力させる方法を使った。
Apple Lightning - Digital AVアダプタかましHDMIの信号を映像ミキサへ送った。
iPhone純正のカメラアプリはシャッターボタン等が映り込むので、こちらのアプリを使用。
スタンドで上からiPhoneをぶら下げ、インカメの映像をwebカメラ化することに成功した。

システム全体

改良システムは以下のようになった。
全景は以下の通り。
f:id:htyanaka:20200906191726j:plain

今後のシステム

後期は映像教材に声を載せたいと思っているため、サウンドミキサーを導入予定。
これにより、様々な音声に声を乗っけられるようになる。
マイクも複数使用できるようになるので、ついにラジオDJ風配信、学生にゲスト出演してもらう教育テレビ番組風配信も可能になる。
ああ、楽しみ楽しみ。




f:id:htyanaka:20200906192614j:plain 島根県益田駅かなぁ。

-----
2020/09/06 19:21
休暇中。
横浜のカフェにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/09/06
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.

僕の読書物語 その2

さて、前回のつづき
前回は大学生前半の小説読みあさり記について書いた。

その小説が中心だったのは、大学生の前半。
当時はバイト代の多くが本代に消えていた(代わりにモテアイテムの車は買えなかった)くらいの本の虫。
月1万円は確実に本に使っていて、大学生後半になって専門書に手を出すようになるとこの額がどんどん膨らんでいくことになる。
小説で読む力が少し鍛えられていたところで、ノンフィクションというものに興味を持った。
多くはいわゆる新書という本。
新書についてはそのうち別に記事を書く予定なので詳しくは書かないが、ある事柄について専門家が一般向けに書いた本。
文庫より少しだけ縦長で、岩波新書中公新書講談社新書のように各社出していて、本屋さんにもコーナとして各社の新書が並んでいる。
大学図書館だとこの新書については主要出版社のものが全部揃っていたりするので、一度のぞいてみるといいと思う。

で、この新書というものに手を出した。
実は大学途中まで新書という存在を知らず、本屋で働いている友人に教えてもらって知った。
最初に手を出した本は一体なんだろうか。
おそらく授業で聞いたことのうち、気になったテーマについての新書だったと思う。
脳関係、心理関係、情報関係、生物関係、教育関係がメインで、数学も少々。
この辺りの新書で興味あるものを手当たり次第読んでいった。
最初は読むと眠くなったり、うまく進まなかったりというのがあったが、1冊1冊とこなすうちにスピードは上がっていった。

専門分野や授業系のテーマの本がいくらか読めるようになっていたところで、次はあえて知らない未知のテーマの新書を混ぜるようにもなっていった。
新書って本当におもしろくて、その道の専門家が変なタイトルでワクワクするような本を用意してくれていたりする。
大学生の頃読んだものではないが、「ルワンダ中央銀行総裁日記」なんかはオススメ。
日本人がルワンダ中央銀行総裁として赴任して国際貢献する話。
もうタイトルにやられて買ったわけだが、中身も外さなかった。
ルワンダの内戦の経緯も個人的な視点からわかる。
新書の紹介は別でもやっているので、ここではあまり書かない。
おもしろみもないし。

テーマ設定がピンになっているので、深く学べるのが新書のいいところ。
1回の授業で習った範囲に、関連する新書が何十冊も存在することもしばしば。
気になったテーマは、本を変えて何度もたどるような読み方をした。
時間はかかるものの、結構楽しいのだよね。
著者によって視点がこうも違うか、ということにも気付ける。
おまけに、試験対策的に記憶することなくうっすらとした知識が手に入る。

と、まあそんな読書生活な大学生を送っていた。
大学卒業時には新書だったらどの分野でも大体1日ありゃあ読めるようになっていたと思う。
おかげさまで、読む力については卒業後大変役に立っているし、何よりも趣味読書、を楽しめる豊かな人生を送れている。

では、今回はこの辺で。
また。




f:id:htyanaka:20200914101140j:plain 羽田空港にて。


-----
2020/09/05 15:15
土曜の昼間を優雅に。
服部珈琲工房にて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/09/05
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.

僕の読書物語 その1

本を読め。
僕が学生によくいう言葉。
本を読めると情報を手に入れることができる。
卒業後は誰かが教えてくれる、という機会は格段に減るので、それまでに読む力をつけておくといいよ、いう意味もある。
この辺りは別記事「読む力」を読んでいただければ詳しい。
まあ、それとは別に、読めるとそれだけ楽しみの選択肢が広がって人生豊かになる。
就職活動対策ではない、趣味読書、いいじゃあないか。

で。
じゃあ僕はどうやって本を読むようになっただろうな、とふと考えた。
そんなわけで、昔々を振り返りつつ、大学生くらいまでの読書遍歴を振り返ってみようと思った。

本格的な本に手を出してのは、高校2年生くらいの頃。
旅先でふらっと入った古本屋で、大好きな坂本龍馬の小説を見つけた。
司馬遼太郎「竜馬がゆく」
確か100円とか200円とかそんな価格で、年季の入ったその本は僕と同じくらい年齢だったか。
それまでは、「ほうれんそうマン」シリーズからズッコケ3人組、ドリトル先生ぼくらの7日間戦争シリーズと年齢相応のもの読んでいた。
ちなみに「ほうれんそうマン」シリーズ、若い世代を中心に知らない人も多いとは思う。
かの怪傑ゾロリがまだ主役になる前、悪役として登場していた児童向けの本。
ズッコケ3人組についてはその後、そのまま彼らが歳をとったズッコケ中年3人組シリーズというのが出ていてる。
みんな人生になにか抱えた中年になって、でもあのノリそのままに物語が展開される大人向けの読み物。
ドリトル先生は大学以後、英語を鍛えるのに英語版にもお世話になることに。
読んだことある人がこの本の英語版を語学学習の多読本として使うの、わりとおすすめ。

閑話休題
で、高2の時に本格的な小説というものに入っていった。
竜馬がゆく文庫全8巻はわりとボリュームがあり、かなり時間をかけて読み切った。
その後、司馬遼太郎池波正太郎などの時代物をいくらか読む。
大学に入ると、現代小説も混ぜていくことになる。
この本いいよ、みたいなのが増えるので、そこが始まりだったか。
江國香織はかなり読んだと思う。
この人の短編はとてもよくて、あの頃の心にスーンとした感じで入り込んだ。
スーンとしか言いようがない。
「つめたいよるに」が有名だけれども、「きらきらひかる」なんかも嫌いじゃなかった。
他には、山田詠美吉本ばなな村上春樹白石一文なんかは読んだ記憶が残っている。
村上春樹は熱狂的なファンではないけど、たまに読みたくなる作家さん。
最初に読んだ「ノルウェーの森」は読んだ当時は変わったエロ本くらいの印象しかなかったが、この作品は20年経っても忘れないのですごい作品なのだと思っている。
白石一文は僕が大学生の頃出てきた気鋭で、「一瞬の光」が印象に残っている。
小説については、長編も読むけど、綺麗な短編がたまらなく好きなんだ。
この他にも大量に読んでいるはずなのだが、当時の本はほぼ実家にあるのと、この記事の趣旨でもないので割愛。
小説もある程度読むと、読むことの体力がついてくる。

長くなってしまった。
1本の記事にしようと思っていたが、長すぎるのでここでひと休み。
続きはまた。
ちなみに今でも、学生さんはじめ誰かから小説を紹介されるとなるべく読むようにしている。
忙しいとしばらく積読本入りするものの、人から教えてもらう新しい物語を読むのは結構好き。

ではでは。
また。




f:id:htyanaka:20200914005835j:plain 東京は丸の内?


-----
2020/09/05 15:05
土曜の昼間を優雅に。
服部珈琲工房にて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/09/05
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.

オンライン授業備忘録〜授業方法編

コロナのごたごたから約半年。
ようやく前期の授業もひと段落。
そこで、前期オンライン奮戦記と僕の授業スタイルを書いておこうと思う。
これから行う同業者との情報交換と、学生さんへ裏話的な書き物として。

4月に突如、授業の延期とオンライン化の方針が下される。
うちの大学はオンライン化の方針から実際の授業まではあまり時間がなかった。
仕方なく4月の授業は休講とするとともに、同僚たちとオンライン研究に明け暮れた。
夕方になると同僚の誰からか入電。
このオンラインツールを試すのでログインしてほしい等々。
その結果、出来上がったのが「僕の遠隔授業の進め方について」に書かれた方法。

が、やってみると難しいことやできないことが次々と現れ、最終的には以下の方法に落ち着いた。
なお、授業は専門科目で履修者は20−40人程度。

Zoomによるリアルタイムオンライン

メインの授業方法はこれ。
パワーポイントのスライドをiPad経由で流して、マイクで音声を入れていく方式。
学生側のカメラはオフ。
通信料とプライバシー保護のため。
寝ながら授業を受けてもいいじゃないか、というのもほんの少し。
オンライン授業になってえらい目にあっているので、少しくらいいいことがあってもいい。

Zoomにはイイねマークと拍手マークでリアクションができるので、こいつを使って学生さんの反応を見た。
わかったらイイね、待って欲しいときわからない時は拍手でリアクションをもらった。
常に反応があるといいのだが、基本的には呼び掛けないとリアクションがこない。

当初使う予定だったGoogle Chatは使用せず。
授業やりながら別端末でチャットをするのは難しいとのこと。
代わりにZoomのチャット機能を使うように指示した。
ただ、あまり使われなかった。
全員とチャットの内容が共有されるのは抵抗があるとのこと。
教員宛のプライベートチャットを使うように指示するとたまにくる。
入電に気づきづらいのが難。

通常は板書を求めるスライドも今回に関しては配布資料(電子版)に含めて、授業中に通常は板書スライドだと言及することで板書は避けた。
これは学生さんの板書の様子が見えず、切り替えのタイミングが難しいため。

リアクション・ペーパー

授業毎に実施していたリアクション・ペーパーはGoogle Form化した。
授業終了後にGoogle Formの入力をオンにすることで、授業後に取り組んでもらった。
うちの大学はGSuiteを契約しているため、各人は大学公式のGoogleアカウントを持っている。
Google Formへの書き込み設定を大学内アドレスのみ許可することで確実に本人からの書き込みとわかるようにした。

リアクション・ペーパーで回収した疑問点については、次の授業の冒頭で解説した。
後半は時間の関係からこの部分のみオンデマンド動画化したところ評判がよかった。
難しい箇所の再解説などもあり、繰り返し聴けるのでよかったとのこと。

リアクション・ペーパーについては通常の紙バージョンに比べ、Google Formは大変効率的だった。
授業後の各人からのデータはエクセル形式にしてダウンロードでき、今まで紙媒体をいちいち集計していた時に比べ時間が大幅短縮となった。
これは通常授業に戻ってからも使えると思った。
出席がわりとして使うのも同じ理由から効率的だと思う。

オンデマンド動画

後半の一部内容の授業はオンデマンド動画化した。
学生によると、何度も繰り返し見れるので理解が進む、とのこと。
ただ、アクセス状況を見るに、視聴をためている学生も見られた。
この辺は一長一短のように感じた。

評価と課題

オンライン授業をやってみて、通常に比べると教育効果のばらつきが大きくなりそうだと思っている。
動画を真面目に視聴している組と、聞き流している組、聞いていない組にわかれている様子。
これはリアルタイムオンラインとオンデマンド方式両方ともそう。
真面目な組はわからない箇所を複数回聞いて理解しているという報告も受けた。
このため、しっかりとした評価が必須だと感じている。

なお、授業毎の課題に関しては、僕はあまり出さなかった。
多くの授業で課題が課されており、学生によっては連日課題に追われてヒーヒー言っている。
教育効果の高い課題に関しては授業毎に出してもいいが、そうでないものは避けた方が無難だと感じた。
僕の授業では課題はかなり絞って必要最低限で出した。
いろいろな授業でオンライン用の課題が出ているため、費やせる時間がいつもと比して少ないことは頭に入れておきたい。


以上、簡単に授業の方法をまとめた。
次回はシステム的なことを書きたいと思っている。
ではまた。




f:id:htyanaka:20200824060359j:plain 横浜の片田舎にて。

-----
2020/08/23 22:55
さあさ寝る時間。
自宅にて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/08/23
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.

僕の遠隔授業の進め方について(2020後期)

コロナの影響により当面の間、私の授業はオンラインという形をとります。
進め方を書いておきますので、受講者は確認をしておいてください。
同業者の方は参考にしていただければと思います。

使用ツール

会議ツール:Zoom
相互やり取り:Zoom Chat欄
ファイルやり取り:Manaba
その他ツール:Google Form

授業の進め方

Zoomを使って、スライドその他映像をライブ配信します。
受講者はPCを用意して、Zoomで授業へアクセスしてください。
私の顔はあまり登場せず、画面はスライドや教材、たまにホワイトボードを交えた解説を入れます。
Zoomを使った相互やり取りも可能ですが、それ以外の方法での相互やり取りを考えています。
ビデオカメラは指示のあったときにオンにしてもらえれば、通常はオフにしてもらっていてもいいです。

Zoom Chat欄は主に相互やり取り、リアクション、質問等のために使用します。
ここでは原則敬語を使わず、つぶやくようにリアクションをしてもらいます。
わからなかったら、「わからんー」「???」のように書いてください。
絵文字も使えるので、同意できるコメントにリアクションしてくれてもいいです。
動画配信サイトのコメントのようなイメージです。
対面授業では表情を見たり、質問を投げかけたりしながら、授業の進め方を変えています。
疑問点や質問もつぶやくようにどんどん書き込んでくれていいです。
みんなに見られれ他くない場合は,プライベート通信で僕にだけ投げていただいても結構です。

ファイルのやり取りは、公式のmanabaを使います。
このツールを使い、授業資料を事前に配布します。
基本はPDFで配る予定です。
これらのうち、印刷指示のあるものはあらかじめ印刷をしておいてください。
書き込みが必要です。
iPad等のタブレットを持っている人は、印刷せずにそちらに電子的に書き込みをしてもらってもかまいません。

私の授業では授業最後に課題を行います。
これはGoogle Formで行う予定です。

また、現状では少数人数の対面授業はまだ許されているため、毎回研究室に1名学生さんをお招きし、やり取りをしながらの授業展開も考えています。
教育テレビのようなイメージで、学生目線でいろいろコメントしてもらいます。
参加したい、協力したいという学生さんを募りますので、助けると思ってぜひ協力してください。

と、まあ、こんな感じで進めていきます。
かなり手探りですが、対面ではできないような新しい授業の形を作っていこうと思っています。
よろしくお願いします。




羽田空港にて。


-----
2020/09/30 19:11
授業準備に追われている。
職場にて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/09/30
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.

障害児等病理学特論2020(鳥取大学・院)

授業内容


第1回 オリエンテーション(10/2)
第2回 神経系の基礎(1)(10/9)
     ~大脳の構造:脳の大まかな区分
第3回 神経系の基礎(2)(10/16)
     大脳の構造:大脳の構造~
第4回 発達障害の基礎(1)(10/23)
     最初~発達障害の原因:DNAの塩基配列
第5回 発達障害の基礎(2)(10/30)
     発達障害の原因:DNA~早産・水頭症
第6回 発達障害の基礎(3)(11/6)
     発達障害の原因:新生児脳症~代表的な発達障害ADHD
第7回 発達障害の基礎(4)(11/13,予定)
     代表的な発達障害ASD~ラスト
    自閉症の基礎(1)
     最初~前操作期と表象
第8回 自閉症の基礎(2)(11/27)
     ことばと表象~自閉症の病因
第9回 自閉症の基礎(3)(12/4,予定)
     自閉症の診断と評価~



関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
障害児等病理学特論に関する役立ち情報
発達障害に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/12/04
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.

病弱児等の教育課程と指導法2020(鳥取大学)

授業内容


第1回 オリエンテーション(10/7)
    病弱の概要(1)
     最初~病弱とは
第2回 病弱の概要(2)(10/14)
     病弱に関連した解剖と生理~病弱と疾患
第3回 病弱の概要(3)(10/21)
     病弱と教育
    病弱教育の歴史と現状(1)
     最初~黎明期
第4回 病弱教育の歴史と現状(2)(10/28)
     黎明期~戦中
第5回 病弱教育の歴史と現状(3)(11/4)
     戦後~重度・重複障害児
第6回 病弱教育の歴史と現状(4)(11/11)
     学習指導要領の制定~歴史全部
第7回 病弱教育の歴史と現状(5)(11/18)
     現状:病弱教育の場と統計
第8回 病弱教育の歴史と現状(6)(11/25)
     現状:児童生徒の多面的な理解~
第9回 病弱教育の実際(12/02,予定)
     訪問教育としての特別支援学級




関連情報


自分で勉強したい人へ【準備中】
病弱児等の指導・保健・教育に関する役立ち情報
病弱に関する役立ち情報


連絡事項


授業の連絡事項



担当授業に関連した情報へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2020/12/02
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2020 All Rights Reserved.