雑記帳(ブログ)

担当授業や研究についての情報をメインに記事を書いていきます。

論文を読む〜イントロ編後編(研究をしよう 7)

さて、前回の続き。
ではそのイントロをどう読んでいくか。
どう批判していくか。

前回の記事で、イントロからは研究の意義を読み取るのだと書いた。
ただ、そもそもイントロにこいつがほとんど書かれていないものがある。
それっぽく先行研究は引用されているものの、研究の紹介にとどまっていて、研究の目的には全くつながっていない。
こういうのは結構ある。
その場合は、ちゃんと書かれていないため意義がよくわからない、という判断をすればよい。
そういう論文をつかまえてしまって、それをゼミで発表しなくてはならなくなってしまった場合は、素直にそう指摘できればそれでよい。
これは書き手の責任。

次に注意するのがロジック。
ロジックというのは理屈の正しさ、みたいな意味ね。
詳しくはこちらを参考にしていただいて。
イントロでよくあるのは、「AはBである。ゆえに、Cと言えるだろう。」と書いてあるのに、1文目と2文目がつながっていない、もしくはつながりがうすいというもの。
これをイントロ全体で続けていけば、間違った形で意義があるように感じてしまう。
いやいや、そんなこと言えないでしょ、と、きちんと批判したい。
ロジックに対する批判をいくつか積み重ねていくと、ああこの研究の意義あまりないね、とか、よくわかんないね、とかと判断できる。
ロジックに対する批判については分量が多くなりすぎるのでここでは書かない。
知りたい方は新版 論文の教室あたりを読んでいただければ。

次に、根拠を疑ってみる。
多くの場合は先行研究で明らかになった事実を根拠にあげ、ロジックでつないで自分の研究の目的へとつなげる。
引用というやつ。
ところが、この引用がそもそも間違っていることがある。
「谷中(2018)はラーメンには依存性があることを明らかにした」という引用をしていたとしよう。
ところが、谷中(2018)を読んでみると、そんなことはどこにも書いていない。
「ラーメンは醤油が一番人気であることがわかった。ラーメンには依存性があるのかもしれない」と書いてあるだけだった。
なんてことはよくある。
谷中(2018)を読んでみたところ、確かに結論で「ラーメンには依存性がある」とあるのだが、谷中(2018)の様々なところがダメで、この結論言えないでしょ、ということもある。
もし引用した根拠の有無がその研究の意義に大きく関わるとすれば、こういう点を見つけることでその研究の意義がガラガラと崩れることになる。
大事だね。
ちなみに先行研究を引用したものの、先行研究がダメで引用している事実を言えないような場合、この責任は引用した先行研究の著者ではなく引用した人にある。
肯定的に引用する、ということは、書き手は先行研究を信じて受け入れたよ、ということになるのだ。
他にも、根拠として複数の文献をあげているのに、そのすべてが学術論文ではなく一般記事で根拠としては薄弱という場合もある。
これらをひとつひとつ批判しながら、全体としての研究の意義を考えるわけ。

さあ。
以上をやってなお、批判点が見つからない場合。
それはとても意義のあるよい論文な可能性がある。
自分の研究を進める上でかなり役にたつかもしれない。
こういう論文はかなり数が少ないので、覚えておいて自分が書くときのお手本として使ってみるのもよいと思う。
ただ、意義の判断は難しいもので、批判点が見つからないから意義が大きい、というものでもないのが困ったところ。
あくまでイントロに書き手が書いているはずの意義を読み取ろう、という話で、意義の大小についてはまた別の問題。
読み取った内容から自分で判断するしかない。
プロの研究者でも一つの論文に対する評価はわかれることがよくあるので、ここで判断基準を簡単に書くのはなかなか難しい。
書き手がイントロで意義を書ききれていないにもかかわらず、意義の大きい研究というものもないわけではない。
研究の意義、大変難しい。

そんなこと言われても困るよ、何か教えてよ、という人のために。
研究の意義とは何か。
それは新奇性以外の、その研究をやる理由。
なんでそれをやったの?という質問に対して、誰もやってないから、以外の理由すべてが意義につながると思っていただければよい。
それらの理由の価値が、意義の大きさにつながるわけ。
まあ最初は基本に忠実に、そいつらをイントロから読み取るというのを地道にやって行くしかない。
いつか気が向いたら、意義についてのみをテーマに記事を書いてみようと思っている。

そんなわけで、この記事ではイントロの読み方について、ポイントをいくつか書いてみた。
ただ、残念ながらいくら理屈を知ったところで経験には勝てない。
なので、ゼミの時間などを活用して数をこなすなど、積極的に経験を積んでほしい。

次は方法の読み方について書く予定。




門司港駅にて。


-----
2018/09/23 16:31
移動中。
スーパーはくと号の車内にて。


研究をしよう カテゴリーの記事一覧 - 雑記帳(ブログ)
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/09/23
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

本の紹介,「知能指数―発達心理学からみたIQ (滝沢 武久,中公新書)」

知能指数―発達心理学からみたIQ
滝沢 武久(著)
難易度:☆☆


特別支援系の授業や心理学を教えていると、時々出てくるのが知能指数(IQ)。
知的障害だとIQがいくつ以下で、こんなテストがあるよ、というように教科書で扱われる。
が、結局のところIQってなぁに?
具体的にはどんなものなの?
そもそも知能ってなんだ?
という疑問に対しては教科書の記述からはよくわからない。
じゃあ本はというと、IQは世の中で結構使われているわりに、新書クラスの簡単な本が少ない。
この本はそんなIQについて、ビネー系と呼ぼれるテストを中心に解説した新書。
この本はかなりわかりやすく解説してくれている数少ない好著。
同種の本をいくつか当たってみたが、この本、かなりよい。

ビネーはIQテストをはじめに作った人。
全てのIQテストの源流といってもいいか。
この人が作ったIQテストは現在の日本でもよく使われており、鈴木ビネーや田中ビネーが有名。
このビネーテストを中心に深く掘り下げていく構成。
IQの基本的な考え方と意味。
IQテストができるに至った背景。
IQテストの歴史的な変遷。
新しい知能観と新しいテスト。
このようなことについて、さまざまなIQテストとそれらが作られる過程を通じて知ることができる。
もともとビネーは子どもの知能を測ることを目指して知能テストを作ったので、発達的な視点が豊富なのもこの本の特徴。

IQに関する基本的なことはこの本1冊で十分学ぶことができる。
1971年の本とかなり古い本なので、内容はやや古めだが基本を学ぶという意味では特に問題はない。
特別支援系の教員を目指す人、心理学を学んでいる学生さんで、IQがいまいちなんのことかわからない人は必読。
IQテストを日々実施している臨床家でも、歴史的な変遷や各テストの理論的な背景をよく知らない人であれば楽しく読める。
IQ系の本では一番おすすめな1冊です。
この本、かなり古いため現在は絶版になっているが、時々Amazonに中古が出る。
図書館にも入っていると思うので、そちらで手に入れるのも手。




にくきゅうは、よい。



本の紹介へ戻る
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/10/13
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

お仕事概論(大学教員・研究者という生き物2)

まずは手始めに、どんなことをやっているのかを簡単に。
我々のお仕事は大きく、教育、研究、それ以外に分けられる。
教育は、授業、授業の準備、ゼミ生の卒論指導、学生さんとの面談なんかが当たる。
研究は、実験、文献調査、研究計画を練る、論文を書く、研究費の申請書を書く、などなど。
教育と研究はわりと非業界人にもイメージしやすいのだが、それ以外がなかなかイメージしづらい。
そして、ここの占める比重が結構大きい。

例えば、カリキュラムの作成。
これがパズルを組むようでわりと大変。
資格を出す場合は所管省庁に書類を提出して審査を受けなくてはならない。
入試をやる場合は準備も結構大変。
もちろん本番は張り詰めていて気を使う。
教授会や部局教員の会議なんかも出なくてはいけない。
学内のセキュリティをどうしようとか、〇〇教育をどうしようとかいう会議も結構ある。
〇〇委員というのになるとそういう会議にでるのもお仕事になる。
それから、大学が実施する各種研修なんかも。
研究不正や研究費不正使用事件が起これば研修セミナーへの出席が義務付けられる。
継続的な業務ではないが、改革とかで組織が変わるとかなると、瞬間風速的に書類書きに次ぐ書類書きと関連業務がやってくる。
これらは校務と呼ばれるもの。

「それ以外」には校務以外のものもある。
よくあるのは地域の行政や団体から頼まれごとをされること。
〇〇審議会の委員になってほしい、とか、アドバイザーをやってほしい、とか、講演をしてほしい、などなど多岐にわたる。
こういう案件は地域貢献・社会貢献になるのであまり断らない。
大学も地域貢献や社会貢献は推奨している。

他にも「それ以外」はある。
例えば、学会の雑用、研究雑誌の編集や論文審査(査読)なんかがそうか。
研究費を外部から調達するための書類書きも厳密な意味では研究ではないかも。
教科書・一般向け書籍を書く、一般向け研究紹介記事を書く、というのも研究とは言えないのでここにはいるかな。
人によってはテレビに出てコメントするなんてのもある。

書きながら改めて思ったけど、わりといろいろなことがある。
特に昔に比べると「それ以外」の比重がどんどん増えていて、なかなか大変なのですよ。
次回以降は、トピックを絞ってちょっとずつ我々のお仕事を紹介していく。




丸の内オフィス街の夜。


-----
2018/10/15 22:36
休暇中。
横浜のカフェにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/10/15
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

論文を読む〜イントロ編前編(研究をしよう 6)

今回からは論文の読み方編。
前に書いた研究とは何か論文とは何かがまだの人はそちらから読んでいただきたく。

さて。
まずは論文の構造から。
だいたいの論文は前書きがあって、本体があって、考察があって、結論かまとめがある。
言い方は分野や学術誌、研究者によって若干異なる。
序論、本論、結論。
イントロダクション、方法、結果、考察、結論。
他にも色々な言い方があるが、構造自体はほぼ一緒になっている。
これらは論文の中でそれぞれ特定の役割を担っていて、それを意識しながら読む必要がある。
前にも書いたが、論文や研究は本当に玉石混在で、自分でコイツを吟味していかなければならないわけだ。
では、それぞれの部分で一体何を吟味すればよいのか。
これについて何回かに分けて説明していこうと思う。

で、今回のお題に入る前にもう一つ補足。
論文の一番はじめのところに、アブストラクトや要旨というものがついている。
これは何かというと論文の内容をぎゅっと凝縮したもので、読むか読まないかの判断に使う。
詳しくは、論文の書き方のところで扱いたいと考えている。

さて、本題。
今回はイントロ。
イントロダクションの略でイントロ。
このシリーズではこの言い方を使うが、いわゆる前書きの部分のこと。
他にも背景、目的、序論などさまざまな言い方がある。

さて、このイントロ。
論文の中でいったい何どんな役割を持つのだろうか。
よくあがるのが、自分の研究の先行研究や関連研究の紹介、というもの。
これはね、間違いなのだ。
修論レベルでも、ここを理解していない人がいる。

確かにイントロには先行研究やら関連研究やらが紹介してある。
でも大事なのは、何のためにそれをしているのか、がなんだ。
研究とはなにか、論文とはなにか、を思い出した方はもうわかったかもしれない。
先行研究やら関連研究の紹介は、自分の研究の新しさ(新奇性)と意義を主張するために必要だからやっている。
特に意義。
新奇性についてはわざわざ論文で、他の人がやったのを真似してやりました〜、なんて書く人はほとんどいないので、ここからだけで判断するのは難しいが、意義についてはここをしっかり読むことで読み取れる。
というか、書き手が自分の研究の意義を文章でちゃんと伝えることのできる場所がここしかない。
この部分の重要性をわかっている人は、ここにかなり力を入れて書く。
まあ、そうでない論文も多いのだけれども。
ただ、優秀な研究者ほど、ここの書き方がうまい。
これは論文だけじゃなくて、何かを会社の企画書など、何かをわかってほしい系の文章全てに共通すると思う。

つまり、イントロではこの意義を吟味するために読んでいく。
もちろん新奇性についてもわかる範囲で。
イントロには研究の目的とか仮説が書いてあることが多いので、コイツらの意義と言い変えてもよいかもしれない。
かくかくしかじかの理由でこういう目的と仮説が必然的に出てくるでしょ?だからこの研究をやったんだよ。
ってなことが書いあるべきで、その説明に対して、ああなるほどそりゃあこの研究やるの大事じゃん、と思ういう部分が意義ということ。
この意義というのが初めての人にはなかなかわかっていただけないのだが、簡単に言うとこんな感じ。
イントロとは研究の目的や仮説に至るまでの筋道を示して、そいつを通じてそれらの意義を主張するところ、と言い換えることもできるか。
意義、ぼんやりわかったかな。
難しいのでまずはぼんやり理解して、あとはやりながら理解していけばよいと思っている。

ここでひとつ気をつけたいことがある。
それは、新奇性と意義は別物であるということ。
「○○ということはわかっていない。なので本研究で調べた。」は意義ではなく新奇性。
「その○○ということを調べることが学術的にどのくらい大事なことなのか」かが意義。
ここはわかりにくく、よく混同している人がいるので注意したい。

具体的なポイントも書いていこうと思っていたが、わりといい分量になったので今回はここまで。
また次回に書く。




さあ、ゆけ。
羽田空港にて。


-----
2018/09/23 12:17
休暇中。
職場にて。


研究をしよう カテゴリーの記事一覧 - 雑記帳(ブログ)
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/09/23
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

大学教員・研究者という生き物 No.1 はじめに

この仕事をやっていると、 普段なにをやっているのか、と尋ねられることがある。
授業と研究というのはなんとなくわかるのだけれども、
授業やっているとき以外の姿がどうも見えないらしい。
研究室にはいつ行ってもいないが、
そのわりに担当授業は高校までの先生とくらべて多いように見えない。
すごく暇そうにも見えるし、すごく忙しそうにも見える、らしい。
そういえば自分が大学生の時を考えてみてもそうだった。

そこで。
大学教員の生態、みたいなものを書いて見たらおもしろいのじゃあないかと思った。
外から見てると分からないこと、こんなことに困っていて、こんなことを楽しんでいる。
えー、そんな仕組みあるの?
そんな環境で生きてるのか。
そんなあたりを大学教員や研究者以外の人におもしろく読んでいただければ、と思っている。

さて。
実は前々からこのシリーズを書こうと思っていたのだが、特に最近書かなくちゃなぁと思うことが増えてきた。
なぜかといえば、思っている以上に業界外の人にこの業界のことが伝わっていない。
業界の人が発信している情報は、業界内とごく一部の知っている人としか共有できていない。
下手すりゃ、近くにいる学生さんや大学の事務系職員さんでさえ、我々が思っている以上に我々のことがわかっていないんじゃないか、と思うようになった。
確かに、大学教員・研究者でそういう発信をやっている人ってあまり見ない。

まあ、そんなわけで、のんびり我々の生態や問題意識なんかを書いていこうと思っている。
ただ、あくまで僕が見知っている範囲のことで書くので、そうでない場合もあることは頭の片隅に入れて読んでほしい。
現在、地方国立大の文系か理系かわからない学問領域で、日々教育と雑用と研究に生きる末端若手。
このスペックに偏ってしまう可能性があることをあらかじめご容赦いただきたく。

さて。
何を書こうかとこのシリーズの構想を考えながら、改めて我々の仕事、世間から見ると変わっているよなぁ、と思った次第。
まあのんびりゆきます。




羽田空港にて。


-----
2018/10/07 13:32
のんびりしている場合じゃないのだが、のんびりモード。
駅のドトールにて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/10/07
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

それって大学生じゃないとできないこと?【番外編】(なぜ学ぶのか、何を学ぶのか 7 )

今回は肩の力を抜いて、番外編。
高校生やら学生さんに、大学でどんなことするの? と質問することがある。
返ってくる答えは実に色々なものがある。
サークルがんばる。
友人関係を充実させる。
専門的知識をつける。
バイトがメイン。
遊ぶんだー!
本を、たくさん読む!
のんびりすごす。

さて。
ここで問題になるのが、時間は有限であること。
どれもこれもはできない。
当然どれを優先するか自分で決めることになるのだが、このときの判断に使ってほしいのがこいつ。
それって大学生じゃないとできないこと?

例えばバイトに命をかけててそれ以外は疎かな場合がある。
例えば先生になりたくて塾講師をがんばるとか、将来に結びついている場合もよくある。
でも、立ち止まって考えてみたい。
それって大学生じゃなくてもできることじゃないだろうか。
例えば、就職して塾講師や学校の先生になってから経験することと何が違うのだろうか。

ある人は友人関係と遊びを優先させたいという。
確かに人生の中において、これを充実させることは大事だと思う。
でもね、それって大学生じゃなきゃできないことだろうか。
同年代ですでに働いている人でも友人関係の充実や遊びは可能。
大学生のそれと社会人のそれは何が違うんだろうか。

本を読む、専門的知識をつける、サークル・部活動をがんばる、恋人がメイン、のんびりすごす。
どれをとってみても、そう。
それって大学生じゃないとできないことだろうか。
自問してみると、大学生じゃなくてもできること、大学生じゃなくてもできそうでできないもの、大学生じゃなきゃできないものがあることに気づく。
そして、それらはそれぞれの持つ将来像や生き方なんかで一人一人かなり違う。

ここで勘違いしてほしくないのが、大学生じゃなくてもできることが大事ではない、ということではない。
サークル活動を通じて一生付き合える趣味を見つけることは大事だし、この時期に出会った友人は一生モノになる。
この時期の楽しい思い出もまた、人生のいろいろな局面で糧になる。
大学生じゃないとできないことを優先しすぎるあまりここを犠牲にしてしまうと取り返しのつかないことになる。

機会費用という言葉がある。
経済学で出てくる言葉。
何かをやることによってできなかったことがあるとする。
そのできなかったことをやっておけばもっと得られるものがあった。
この時に、得られなかった利益を損失と捉え、機会費用と呼ぶらしい。

学生さんと接していると、時々、ああもったいないなぁ、と思うことがある。
今はそれより大事なことあるでしょ。
本当にそれだけでいいの?これもやってみたらいいのに。
こんな選択肢だってあるんだぜ。
少しだけ長く生きているせいか、当事者ではないせいか、それって機会費用払ってんじゃないの?と思うことがあるのさ。
特に忙しく一生懸命なタイプに多い。

さて。
何が言いたいのかといえば、たまには立ち止まって考えてみてもいいんじゃない、ということ。
これって大学生じゃないとできないことだろうか。
これって機会費用を生んでははいないだろうか。
時間は有限だからね。




高松の港付近にて。


-----
2018/09/23 22:17
夜のお散歩が終わって。
大阪にて。


なぜ学ぶのか、何を学ぶのか カテゴリーの記事一覧 - 雑記帳(ブログ)
雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/09/23
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.

バックアップをとろう

学生諸君。
卒論やレポートを書くときバックアップをとっているだろうか。
きっととっていない人が多いことと思う。
もしとっていないのであれば、悪いことは言わない。
今すぐ取ろう。
パソコンやハードディスク、USBメモリは、本当にある日突然逝く。
提出まであと一息、の段階で、死んだのを何度も見たことがある。
悪いことは言わないので、なるべくこまめに取ろう。

と、言うわけで、本日はバックアップの方法について書く。
参考にして簡単バックアップシステムを構築していただきたく。

まず、バックアップ取る場合の注意点。
バックアップはデータのある装置とは別の装置にとるのが基本。
まず、同じ装置にバックアップとってもほとんど意味がない。
本データが死ぬときはたいてい装置が壊れるときなので、同じ装置にバックアップを取ればそいつも一緒に死んでしまう。
なので、パソコンの中にデータを保存している人はUSBメモリを用意してそこに、USBメモリにファイルを保存している人はパソコンに、というように異なる場所にバックアップを取るようにすること。

でも、めんどくさーい、というのは、わかる。
そこで、バックアップソフトを使おう。
僕はRealsyncというフリーソフトを使っている。
これの更新元にデータの入っているフォルダを指定しておいて、更新先にバックアップを作りたいフィルダを設定しておく。
あとは作業が終わる毎に「今すぐ更新」のボタンを押すのみ。
あとは勝手に更新されたファイルのみバックアップを取ってくれる。
楽チン。

詳しい導入方法・使い方については以下のリンクを参考にしていただければと。
Windowsの簡単バックアップソフトRealSync (1) 入手とインストール
RealSync お手軽バックアップ

ではでは。




羽田空港にて


-----
2018/10/14 13:30
休暇中。
福井市内にて。


雑記帳トップへ戻る
HPへ戻る


Update 2018/10/14
Since 2016/03/06
Copyright(c) Hisakazu YANAKA 2016-2018 All Rights Reserved.